人間には、5段階の欲求があるらしいよぉ

ぴんモモは、心理学に興味があるって話をしたと思うんだけど。

それは、はい、こちらの記事。↓

1411304 (1) (640×480)

前記事では「ストレス」についてだったけど、

今回は「人間の欲求」について。

アメリカの心理学者、アブラハム・マズロー(1908-1970)は、

人間みんなが持っている5つの欲求について論文を発表したんだよね。

それはこんなピラミッドの形で表現されたりするんだけど、

「マズローの欲求5段階説」って言われてるものなんだ。

その欲求は下層階から順番に現れて、その欲求がある程度満たされると

次の欲求が現れるとされている。

まず第1番目の欲求は「生理的欲求」。

これは人を動機づける最も根源的な欲求とされていて、

たとえば「飲み物」や「食物」「酸素」「睡眠」と言ったものへの欲求。

これが満たされると、次に現れるのが

第2の欲求「安全の欲求」。

「身の安全」「身分の安定」「不安・混乱からの自由」

「構造・秩序・法・制限」なんかがそう。

第3の欲求は「所属と愛情の欲求」。

「孤独や追放」の状態を避けたい、「家族や恋人、友達、同僚などの一員」

に加わりたい、「周囲」から愛情深く迎えられたい、といったもの。

第4の欲求は「承認の欲求」。

「自己の自己に対する評価の欲求」…強さや熟達、能力への自信、自尊心など。

「他者からの評価に対する欲求」…地位や名誉、評判や優越、重要視されることなど。

第5の欲求は「自己実現の欲求」。

自分が潜在的に持っているものを開花させて、より自分らしく生きたいという欲求。

なんとなく、納得できる気がする。

いま、自分はどの段階にいるんだろうって

考えながらピラミッドを見てみると興味深い。

で、現代のいろんな事件や犯罪について考えると、

きっとどこかの段階、とくに第3や第4の欲求が

満たされないままで立ち止まっている場合が多いような気がする。

愛情とか、認められる(承認される)ことって、

大事だよね。

もう少し一人一人が誰かに優しくできたら、

もう少し誰かをバカにする人たちが少なくなったら、

きっともっと居心地のいい社会になるのにね。

ちょっと真面目に考えることもある、ぴんモモでした。(*´ω`)

タイトルとURLをコピーしました