灯凪田テイルの掌編小説

スポンサーリンク

掌編(完結済)

 

パラダイムシフト

4.8image①

灰色のオフィス街を出て、電車に乗った。

行先など決めていない旅の駅で、あの子に再会した。

どうやら人生の運は、まだ残っていたらしい。

転換(パラダイムシフト)するなら、いまだ。

 

エブリスタに投稿しています

パラダイムシフト/灯凪田テイル
俺は、かつて彼女を「夕顔」のようだと思ったんだ。

 

雨 音

4.8image②

 

世界は小さな奇跡でできている

 

エブリスタに投稿しています

雨 音/灯凪田テイル
世界は小さな奇跡でできている

 

新妻物語

4.8image③

はじめまして。

水島百々伽、19歳、女子大生。

新妻です。

 

「小説家になろう」R18 ムーンライトノベルズに投稿しています

 

年齢確認

 

猫は無心に光と遊ぶ

4.8image④

とても素敵な彼と、不釣り合いな

秘密の社内恋愛をしていた。

やがて彼は転勤になり、遠距離恋愛になった。

1つの恋が終わって、一つの恋がはじまるかもしれない。

でもそんな人間の事情などおかまいなしに、

小麦は無心に光と遊ぶのだ。

 

エブリスタに投稿しています

 

猫は無心に光と遊ぶ/灯凪田テイル
猫はほんとは知っているんだょ。飼い主の幸せの在り処。

 

この世界にキミが居るだけで

4.8image④

 

 

行ったこともない異国の、

逢ったこともないあたしの妹、ハンナ。

 

エブリスタに投稿しています

この世界にキミが居るだけで/灯凪田テイル
行ったこともない異国の、逢ったこともないキミだけど
タイトルとURLをコピーしました